News

2015 Jan 26 林 勇 & ボーカル勇 YOU 特集

林勇

今月のMONTHLYPUSHは、現在SCREEN modeのボーカル勇‐YOU‐としても活躍中の声優、林勇を特集します!

まずは1月28日にリリースする「夜ノヤッターマン」オープニング主題歌「極限Dreamer」について、どんな曲か聞かせてください!

タイアップということで、作品の世界観にハマりつつ、SCREEN modeとしても楽しんでもらえるような絶妙な加減で作り上げることを意識しました。
シナリオを読んだときこの作品にある「新機軸」や「挑戦」という想いを強く感じたので、そのニュアンスを生かせるような歌詞になっています。
アニメはもちろん、衣装もかっこいいから、MV(ミュージックビデオ)にも注目してほしいな。

極限Dreamer

「極限Dreamer」 2015.1.28 ON SALE
【アーティスト盤】LACM-14306/¥1,800 (税抜価格)
【アニメ盤】LACM-34306/¥1,300 (税抜価格)
発売元:株式会社ランティス、販売元:バンダイビジュアル株式会社

声優とアーティスト、それぞれのシーンで活躍している林さん。
表現するということは同じでも、活動内容はまた違いがあると思いますが、ご自身はどんな風に感じていますか?

―確かに、「声優」は自分の前にその「キャラクター」というある種のフィルターをかけて演じるけど、歌は自分自身の言葉で、生声で、まさに自分の「裸」を見せなきゃいけないという緊張と、嬉しさがありますね。
ただ、どちらもお客さんに「見せていく」ということは、声も音楽も変わらないし。
聞いてくれたその人の人生を大きく変える…なんてことはできなくても、俺の声でその人が元気になってくれたらいいなっていう。
シンプルなことだけどそれが目標であり、全てですね。

そんな林さんのストレス発散法は何ですか?

―自然に触れることです。
そうすることで自分をフラットに開放することができるというか。
空が好きだから夏だったら海や川で友達とBBQしたり、野外フェスに行ったり…仕事の合間にもテラスのあるカフェでお茶を飲んだりして気分転換をしています。

img02

最近ハマッているものは?

―俺ね、実は「ウイニングイレブン」っていうサッカーゲームのオンラインで全国1位になったことがあるくらい、このシリーズをやりこんでいるんです!
厳密にいうと全国トップ20人の枠の中では順位はつかないけど、声優界では間違いなく一位だと思う(笑)。この間新作が出たから、早速買ったよ!

―全国1位!それはとんでもないですね。 ちなみに、お気に入りの選手は?

クリスティアーノ・ロナウド。もうね、サイボーグみたいに強い(笑)。
あとは、辛い物が好きでよく食べてます。麻婆豆腐とか担担麺とか、ラーメンも大好き!基本的に熱い汁物が好きなんだよね。

SCREEN modeでは主に作詞を担当していますが、一つの作品を作るにはどのくらいの時間がかかりますか?

img03

SCREEN modeでは主に作詞を担当していますが、一つの作品を作るにはどのくらいの時間がかかりますか?

―実は結構タイトなんですよ。以前アマチュアでライブ活動をしていた時は、自分のペースでやっていたけど、プロになってからは色んな人の作業がそこに入ってきて…逆算すると実質10日間くらいで仕上げなくちゃいけない。
だからギュッと集中して書いてます。

―どうしても歌詞が思いつかない…なんて時は?

―歌詞を作るときは良いフレーズが思いつくまで書かない、ということではなく想いをバーッと書いて行ってそこから拾っていくっていうやり方でやってます。
たとえば、「極限Dreamer」の歌詞を作ったときは、「夜ノヤッターマン」の「夜」の部分に注目して、そこから広がるイメージから歌詞の中に所々「星」というワードを埋め込んでみたり。実はこの「星」は後々、作品の中でも重要な意味合いを持って来るんだけど…そんな風に、歌と作品を通して、どちらも楽しんでもらえればと思いながら詞を書くようにしていますね。

img04

ご自身の歌が流れる作品のチェックはしますか?

―もちろん、テレビ前で待機です!(笑)  一番覚えてるのは「ぎんぎつね」のエンディングを初めて見た時。 デビューまでの時間があっという間だったこともあって、正直あまり実感が無かったんだけど、自分たちの歌がテレビから流れてくるのを見て初めて「デビューしたんだ!」って感動したよ。

最後にファンの方々へメッセージを お願いします!

―アーティストとしては二年目となるSCREEN mode、ファンの方を飽きさせない楽曲、ライブを提供するよう、また声優としても皆さんに喜んでもらえる林勇をお見せしたいと思います。
後悔はさせませんので、俺についてきて下さい!
今後もお楽しみに!

btn_screen

一覧へ戻る